私たちの、パートナー。

こんにちは「ミカドヤな日常品店です」。

今日は、パートナーについて
お話をさせていただきますね。

ハーバリストでもあるPATHARANの創立者が考案したオリジナルの本シリーズは、
福岡市にある「風ひかり作業所」に全工程を、2021年からお願いしています。

てんかんを持っている人達の働く場としてスタートした、障害者福祉サービス事業所です。

ひとりひとりが持つ力と、個性を大切に、仕事の役割を分担しながら
丁寧に作業が進められています。


PATHARANを商品化し、リリースしたときの話です。

良さを認めてくれた大手百貨店から、さっそくオファーをもらったとのこと。


「やったじゃないですか!」と私。

「はい、嬉しかったです。でも、お断りしちゃいました。」

ハハハと笑いながら、オーナー(創立者)が言うには、
提示された条件では、風ひかりのみんなと仕事をするには難しいと判断。

決まった納品数に加え、安定供給が求められることは、ルール的におかしくない話です。
メーカーに委託製造する選択肢もあります。

結果、オーナーが選んだ道はオートメーションのスピードはなくとも
「手作業で良いモノを、みんなと作りたい。」
という想いなんですね。

「福祉」は「幸せ、よりよく生きる」という意味だそうです。

作る人も食べる人も「よりよい生き方」ができればなと、
そんな想いと一緒に、PATHARANを皆さんにお届けしてまいります。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。